【9月22日 時事通信社】昨年6月からの約1年間に、米空軍の大型無人偵察機「グローバルホーク」が米本土とスペインで相次ぎ墜落していたことが22日、米軍への取材で分かった。いずれも人的被害はなかったが、1年間に2回重大事故を起こしたことになる。同機は米本土の基地から衛星通信経由で遠隔操縦されており、制御できなくなった可能性もある。

 日本ではグローバルホークが三沢基地(青森県)に米領グアムから一時的に展開。防衛省は日本周辺で活動する中国軍の動向監視などのためグローバルホーク3機を2021年度以降、航空自衛隊に配備する。相次ぐ事故で、国土が狭く、民間機の運航が過密な日本での運用の安全対策が問われそうだ。

 米軍によると、グローバルホークは昨年6月下旬に米カリフォルニア州のシエラネバダ山脈に1機が墜落。今年6月26日(米国時間)にはスペイン南部沖に墜落した。スペインの墜落機は米中西部ノースダコタ州の空軍基地から遠隔操縦されていた。米欧州軍は取材に対して「事故原因を調査中」としている。

 グローバルホークは全長約15メートル、全幅約40メートル。高度1万5000メートル以上で運用され、撮影した画像などを地上に送信する。(c)時事通信社