【9月21日 AFP】(更新)アフリカのビクトリア湖(Lake Victoria)で20日、フェリーが転覆し、少なくとも79人が死亡した。タンザニアの国営メディアが21日、報じた。現在も生存者の捜索活動が続けられているという。

 タンザニア国営メディアは同国北部ムワンザ(Mwanza)州の知事の話として、事故による死者はこれまでに79人に上り、生存者の数は37人にとどまると伝えた。21日朝に救助活動が再開されて以降、新たな生存者は見つかっていないという。

 報道によると、フェリー「MV ニエレレ(MV Nyerere)」号はビクトリア湖に浮かぶウカラ島(Ukara Island)の波止場から50メートル沖で沈没。同号には定員の2倍に当たる200人が乗っていた可能性があり、トウモロコシやバナナ、セメントも積載していたという。

現時点では事故原因は不明。フェリーの運航事業を管轄する当局は、沈没時に乗客が何人乗っていたかは分からないと説明している。(c)AFP