【8月20日 AFP】米ハリウッドの大物プロデューサーだったハーヴェイ・ワインスタイン(Harvey Weinstein)被告によるレイプを告発し、セクハラ告発運動「#MeToo(私も)」の中心人物の一人となったイタリア人女優アーシア・アルジェント(Asia Argento)さんが5年前、カリフォルニア州のホテルで当時17歳だった少年と性行為に及び、後に多額の口止め料を支払っていたと20日付の米紙ニューヨーク・タイムズ(New York Times)が報じた。

 記事によると、38万ドル(約4200万円)が口止め料として米俳優でロック歌手のジミー・ベネット(Jimmy Bennett)さんに支払われた。ベネットさんはアルジェントさんから性的暴行を受けたと訴えている。ニューヨーク・タイムズに送られてきた差出人不明の書類によると、支払いを含む取引は今年4月に完了したという。

 カリフォルニア州法では性行為の同意能力があるとみなされる年齢は18歳だが、2013年に当時37歳だったアルジェントさんと関係を持った時、ベネットさんは17歳と2か月だったという。

 同紙はアルジェントさん本人と代理人からはこの件についてコメントを得られなかったものの、情報筋3人から問題の書類が信頼性の高いものであるという証言を得たという。

 アルジェントさんの代理人を務めるキャリー・ゴールドバーグ(Carrie Goldberg)弁護士は、支払った金銭は「ベネット氏を助けるため」だったと述べ、アルジェントさんが「長所も短所も食い物にしようとする」連中と取引せざるを得なかったと嘆いた。

 一方でベネットさんの代理人弁護団は、ホテルでの性行為は「性的暴行」で、この一件によりベネットさんの精神的な健康と収入がおびやかされたと主張しており、記事によるとベネットさん側は「精神的苦痛、逸失賃金、脅迫と暴行を意図的に与えた」損害賠償として350万ドル(約3億9000万円)を請求する訴訟を起こすとアルジェントさん側に通告したという。

 さらに記事によると、ベネットさん側が法的措置に出たのはアルジェントさんがワインスタイン被告を告発し、「#MeToo」運動の中心人物となった後だという。(c)AFP