【8月15日 AFP】サッカーW杯ロシア大会(2018 World Cup)やイングランド・プレミアリーグで輝きを放ってきた韓国代表FWの孫興民(Heung Min Son、ソン・フンミン)――。しかし、今後のキャリアの命運は良くも悪くも、今週からインドネシアで行われる第18回アジア競技大会(18th Asian GamesAsiad)の結果次第となる。

 プレミアリーグにおけるアジア人の最多得点記録保持者であり、母国でも広く知られた著名人である孫は、間違いなく今大会一番のスター選手である。しかし、健康な韓国人男性は、富や名声に関係なく、28歳になるまでに最低でも21か月は兵役義務に服さなければならず、孫は連覇を目指す韓国代表で今大会を制することで、五輪やW杯のメダリストといったごくわずかの一流スポーツ選手だけに許される、免除権を手にしたいともくろんでいる。

 韓国人選手が兵役を免除されるには、このアジア大会で金メダルを獲得するしかない。共にW杯に出場した日本やサウジアラビア、イランといった国々が参加する中、優勝候補として今大会に臨む韓国は、そうしたライバル国とは異なり、母国のスターを加えるため、23歳以上の選手の出場を許可する3人分のワイルドカードを使うことに決めた。

 仮に今大会で金メダルを逃した場合、現在26歳の孫は約2年間の兵役義務を余儀なくされる。それは孫自身にとってだけでなく、韓国代表、そして所属するトッテナム・ホットスパー(Tottenham Hotspur)にとっても深刻なダメージとなる。そこで所属先のトッテナムは、もし決勝に進めば孫がプレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッド(Manchester United)戦を含む3試合を欠場する可能性があると知りながら、韓国に歩み寄る姿勢を見せた。選手としてピークの年齢に差し掛かる中でサッカー界から2年も離れれば、キャリアに大きなダメージを与えかねないということを、トッテナムと孫本人も理解しているのだ。

 7月にトッテナムとの間で新たに5年間の契約を結んだ孫は、今年11月に行われる韓国代表の国際親善試合に加え、来年1月の第17回アジアカップ(2019 AFC Asian Cup)で2試合欠場することを交換条件に、チームからの離脱を認められた。孫は11日、英ニューカッスル(Newcastle)で行われた今季の開幕戦で勝利を収めると、トッテナムのチームメートに別れを告げ、約1万2000キロメートルを移動して戦いの場であるジャカルタへと渡った。

 アジア大会は国際サッカー連盟(FIFA)の主催ではないため、クラブには選手を代表チームにリリースする義務はない。そのため、韓国が北朝鮮との接戦を制して優勝した前回大会では、当時所属していたドイツ・ブンデスリーガ1部のバイヤー・レバークーゼン(Bayer Leverkusen)がチームからの離脱を拒否したため、孫は欠場している。