【8月8日 時事通信社】イランのロウハニ大統領は8日、テヘランで北朝鮮の李容浩外相と会談し、北朝鮮との協力を深めていく方針を強調した。米国によるイラン核合意離脱と対イラン制裁再発動に伴って米イラン関係が緊張を増す中、北朝鮮との関係強化を通じてトランプ米政権に対する共闘を誇示する狙いとみられる。

 大統領府によると、ロウハニ師は「米国は過去数年の振る舞いで、世界中で信用されなくなっている」と指摘。「こうした現状では友好国同士が協力を強めるべきだ」と語った。

 一方、李外相は、核合意離脱と対イラン制裁再発動が国際的な規則に反する行動だと批判。米国への対抗姿勢を強めるイランに同調する立場を示した。(c)時事通信社