■組織のタトゥーを「消したい」

 リナレス受刑者は数年前、ここで服役中の最も暴力的な受刑者の一人に数えられていた。だが今では、13歳の時に祖母から習ったパン作りを他の受刑者たちに教えている。

 この刑務所には1585人の受刑者がいるが、その数は本来の定員の5倍近い。大半は、殺人や恐喝、犯罪組織に所属したなど、重大犯罪によって服役している。

 エルサルバドル刑務所運営責任者のマルコ・トゥリオ・リマ(Marco Tulio Lima)氏の説明によると、当局は2016年8月以降、組織からの脱退と社会復帰プログラム「私は変わる」への参加を希望する受刑者たちの選別をするようになった。

 何年も社会から隔離されている受刑者たちにとって、同プログラムの決まりは非常に厳しい。自由時間も面会もなく、アルコールの摂取は禁じられている。

「生活態度の変化は、彼らの社会復帰を早める」「組織から完全に足を洗いたいと強く思うようになり、タトゥーを消してほしいとさえ言うようになる」とリマ氏は話す。

 全身を覆うように入っていることもあるタトゥーは、ギャングのメンバーであることを明白に示すものであり、出所後の就職活動や社会復帰の障害となる。それを除去することは、文字通りそれまでの人生から脱皮するようなものだ。

「私たちは、タトゥーの除去を望んでいる。タトゥーを隠し続けることはもう望んでいない」。写生と絵画のワークショップに参加していた元MS-13メンバーのマルビン・パラシオス受刑者(31)はそう語った。殺人罪で13年間服役している彼は、今月にも出所できることを望んでいる。

 だが、彼は不安も隠せない。出所後、左右の腕に残された「M」と「S」のタトゥーが、自分を死に追いやる可能性があるからだ。ライバル組織のギャングたちは、敵に遭遇すれば殺すことをためらわないだろう。(c)AFP/Carlos Mario MARQUEZ