【7月30日 AFP】パレスチナ自治区ヨルダン川西岸(West Bank)で昨年12月にイスラエル兵2人を平手打ちするなどした罪で禁錮8月の有罪判決を受けたパレスチナ人少女、アヘド・タミミ(Ahed Tamimi)さん(17)が29日、釈放された。

 イスラエルの矯正当局者がAFPに語ったところによると、アヘドさんは同時に禁錮刑判決を受けていた母親のナリマン(Nariman Tamimi)さんと共に収監されていたイスラエルの刑務所から自宅があるヨルダン川西岸に通じる検問所までイスラエル当局の車で移送された。

 アヘドさんは16歳だった昨年12月19日、ヨルダン川西岸ナビサレハ(Nabi Saleh)にある自宅前でイスラエル兵2人に平手打ちなどを加えたとして、母親のナリマンさんやいとこのヌール(Nour)さんらと共にイスラエル軍に逮捕された。その後、司法取引に応じたアヘドさんらは、イスラエルの軍事裁判所で禁錮8月を言い渡された。ヌールさんは今年3月に釈放されている。

 当時のパレスチナでは、ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領がエルサレム(Jerusalem)をイスラエルの首都と認定したことに抗議するパレスチナ人とイスラエル軍との衝突が頻発していた。

 アヘドさんらは、イスラエル兵は自宅の庭にいたと主張。一方、イスラエル軍側は、イスラエル人が運転する車に対するパレスチナ人の投石を防ぐために兵士を配備していたと説明している。

 この事件では、アヘドさんらがイスラエル兵2人に近づいて出ていくよう要求した後、兵士を小突いたり蹴ったり平手打ちしたりする様子を捉えた動画がネット上に拡散し、大きな注目を集めた。動画から、アヘドさんらの行動に危害を加える意図はなく単なる挑発とみられ、重装備のイスラエル兵士らも相手にしていない。

 この動画が拡散したことで、アヘドさんはイスラエルの占領に抵抗するパレスチナ人の象徴として英雄視されるようになった。ソーシャルメディアにはアヘドさんを支持する投稿があふれ、パレスチナ自治政府のマハムード・アッバス(Mahmud Abbas)議長もアヘドさんを称賛。イスラエルとヨルダン川西岸を隔てる壁にはアヘドさんの肖像画まで描かれている。

 映像は29日撮影。(c)AFP