【7月20日 時事通信社】サンダース米大統領報道官は19日、ツイッターで、トランプ大統領がロシアのプーチン大統領を今秋、ワシントンに招待することを検討していると明らかにした。既にボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)に対応を求めたという。

 これに先立ちトランプ氏は19日、ツイッターで「(16日の)米ロ首脳会談は大きな成功だった」と投稿。その上で、核不拡散やサイバー攻撃、ウクライナ、北朝鮮、中東和平などこれまで議論したことを実行するために「2度目の首脳会談を楽しみにしている」と強調していた。

 トランプ氏とプーチン氏は16日にヘルシンキで行われた初の公式首脳会談で、実務者級協議を続けることで合意。2度目の会談に向けた準備を行うとみられる。ロシア大統領のワシントン訪問はメドベージェフ氏の2010年が最後。(c)時事通信社