【7月15日 AFP】ツール・ド・フランス(2018 Tour de France)は14日、第8ステージ(ドルーからアミアン、181キロメートル)が行われ、チーム・ロットNL・ユンボ(Team LottoNL-Jumbo)のエース、ディラン・フルーネヴェーヘン(Dylan Groenewegen、オランダ)がスリリングで荒々しいスプリント勝負を制し、2日連続となるステージ優勝を飾った。

 2番手と3番手でフィニッシュしたロット・ソウダル(Lotto Soudal)のアンドレ・グライペル(Andre Greipel、ドイツ)とクイックステップ・フロアーズ(Quick Step Floors)のフェルナンド・ガヴィリア(Fernando Gaviria、コロンビア)は、時速70キロメートルのスピードでお互いに肘打ちや頭突きをしたということで、降格処分が科された。

 この結果、4番目と5番目にフィニッシュしたボーラ・ハンスグローエ(Bora Hansgrohe)のペーター・サガン(Peter Sagan、スロバキア)とトレック・セガフレード(Trek Segafredo)のヨーン・デーゲンコルプ(John Degenkolb、ドイツ)がそれぞれ2位と3位に繰り上がっている。

 また、総合首位に立つBMCレーシングチーム(BMC Racing Team)のフレフ・ヴァンアフェルマート(Greg Van Avermaet、ベルギー)が6日連続でマイヨ・ジョーヌ(イエロージャージー)を維持した一方で、集団の半数近くが影響を被った残り17キロ地点での落車に巻き込まれたUTE(UAE TEAM EMIRATES)のダン・マーティン(Dan Martin、アイルランド)は、肘から血を流しながらトップから1分16秒遅れでフィニッシュし、総合優勝争いで大きな痛手を負った。

 チームスカイ(Team Sky)のクリス・フルーム(Chris Froome、英国)やアージェードゥゼル・ラ・モンディアル(AG2r - La Mondiale)のロマン・バルデ(Romain Bardet、フランス)、バーレーン・メリダ(Bahrain-Merida)のヴィンセンツォ・ニバリ(Vincenzo Nibali、イタリア)、モビスター・チーム(Movistar Team)のナイロ・キンタナ(Nairo Quintana、コロンビア)、BMCのリッチー・ポート(Richie Porte、オーストラリア)らその他の総合勢は、安全に集団の中でフィニッシュした。

 25歳のフルーネヴェーヘンは、最後の最後で飛び出すと、グライペルとガヴィリア、サガンを抜き去って勝利。調子を取り戻しつつあること、何より自信が戻ってきていることを前日に続いて証明した。

 サガンとガヴィリアに並ぶ今大会ステージ2勝目を挙げたフルーネヴェーヘンは、前日の第7ステージを勝利したときには、人さし指を唇に当てて静かにというしぐさを見せたが、この日は指を2本立てた。本人によれば、2勝目とピースサインの意味があったという。

 フルーネヴェーヘンは、「全体を観察しながら、とにかくチャンスを待った」とコメント。ガヴィリアとグライペルのペナルティーについては「後ろで何があったかは見ていないから、処分についてコメントはできない」と話した。(c)AFP/Damian MCCALL