【7月14日 CNS】中国・河北省(Hebei)寺家庄村(Sijiazhuang)に住む趙華中さん(42)は、村のある企業で運転手を務めているが、インターネットのライブ配信動画で30万人のフォロワーを持つ、ブレイクダンスを踊る有名人だ。

 趙さんは昨年、スマートフォンで若い頃から好きなブレイクダンスのライブ配信動画を観た。これをきっかけに、自分でもライブ配信を始めた。

 2017年12月に始めたライブ配信で得る収入は、だいたい毎月2000元(約3万4000円)だ。さらに質を高めてフォロワーを増やすため、ウィッグをかぶって踊るが、フォロワーにはあまり好まれていないという。

 ライブ配信を始めて以来、日常生活でも友人が増え、ダンスを学びに来る人もいるという。インターネットが趙さんの生活を変えた。「閉鎖的な村に住んでいても、インターネットが自分の舞台で、同じ趣味を持つたくさんの人と交流することができて、毎日が楽しい」

 趙さんはまた、「自分の趣味で稼げることは最も嬉しいことだが、職業にするのは現実的ではないなあ」とも話す。だが、将来は自分のダンスチームを結成し、ブレイクダンスで事業を起こしたいと夢見てもいる。(c)CNS/JCM/AFPBB News