【7月12日 時事通信社】米国と北朝鮮が非核化に向けた措置と朝鮮戦争の終結宣言のどちらを優先させるかをめぐって対立している問題で、韓国大統領府の金宜謙報道官は12日の記者会見で、「互いに相手の立場を尊重し、円満に解決されることを望んでいる」と述べ、歩み寄りを促した。

 6、7両日に平壌で行われた米朝高官協議に関し、ポンペオ米国務長官は「極めて生産的だった」と評価したが、北朝鮮は「米側が非核化要求だけを持ち出した」(外務省報道官)と批判。終戦宣言については「米側は条件や口実を付けて後回しにしようとする立場を取った」と主張している。

 金報道官は「南北と米国の3国の間では、終戦宣言を出すことにある程度の共通認識がある」と説明、宣言採択に向け引き続き努力していく方針を強調した。(c)時事通信社