【7月12日 時事通信社】片手5本の爪の長さの合計が世界最長というギネス世界記録を持つインド人男性シュリダハル・チラールさん(82)が1952年から伸ばしていた左手の爪を切り、米ニューヨークの博物館「リプリーズ・ビリーブ・イット・オア・ノット!タイムズスクエア」で11日、公開された。

 博物館によると、5本の指の中では親指の爪が最も長く217センチ。5本分すべて合わせると943.6センチで、3階建ての建物の高さに相当する。インドでは歴史的に、長い爪が裕福さの象徴とされているという。ただ、年齢を重ねるにつれ、普通の生活の維持が一層困難になり、爪を切った上で保存することを希望した。

 チラールさんは以前、インド政府の広報カメラマンとして活躍していた。公開式典に合わせて訪米し、「(爪を切れば)自分が有名ではなくなるのではないかという不安が少しあった。しかし、今や私の爪が永遠に記憶され、世界中の人に見てもらえるようになった」と話した。(c)時事通信社