【7月7日 AFP】米国立ハリケーンセンター(NHC)は6日、大西洋で今年初のハリケーン「ベリル(Beryl)」が発生したと発表した。

 NHCによるとベリルはカリブ海(Carribean Sea)の小アンティル諸島(Lesser Antilles)の東で発生し、グリニッジ標準時7日午前0時(日本時間同9時)現在、小アンティル諸島の東南東約1490キロメートルを時速約24キロメートルで西に進んでいる。風速は約36メートルで、勢力は5段階のうち一番下の「カテゴリー1」。

 NHCは、ベリルは今後しばらく勢力を強め、ハリケーンの勢力を保ったまま8日夜から9日にかけて小アンティル諸島に到達する可能性があると予報している。小アンティル諸島の旧英植民地ドミニカ国は昨年9月にハリケーン「マリア(Maria)」の被害を受け30人以上が死亡している。(c)AFP