【7月6日 AFP】メキシコ中部トゥルテペック(Tultepec)で5日、花火工場の倉庫で複数回の爆発が起き、少なくとも24人が死亡、49人が負傷した。死者には現場で救助活動に当たっていた警察官や消防隊員も含まれている。当局が明らかにした。

 人口6万5000人のトゥルテペックは花火職人の町として知られる。

 最初の爆発は5日午前9時半(日本時間午後11時半)ごろに発生し、警官や消防隊員が救助のため現場に駆け付ける中、他の倉庫に引火して次々と爆発が起きた。

 トゥルテペックのあるメキシコ(Mexico)州のマリベル・セルバンテス(Maribel Cervantes)州公安相は、死者には消防士4人、市警察の警官4人、州警察の警官1人が含まれると発表した。ある警官はAFPに対し、救急車1台が完全に黒焦げになったと語った。

 現場はトゥルテペック近郊の花火工場が立ち並ぶ地域で、軍と警察、消防がまだくすぶる一帯を封鎖して対応に当たっている。

 花火製造が盛んなトゥルテペックでは、過去にもたびたび大きな爆発事故に見舞われている。先月6日にも花火工場の爆発で7人が死亡。2016年12月には市内にある国内最大の花火市場で大爆発が起き、42人が死亡、70人が負傷した。この市場では05年と06年にも爆発があり、いずれも数十人が負傷している。

 メキシコではこのほか中部プエブラ(Puebla)州サンイシドロ(San Isidro)村でも昨年5月、花火工場の爆発で子ども11人を含む14人が死亡している。(c)AFP/Yemeli ORTEGA