【7月5日 AFP】北朝鮮の首都平壌で4日、最近の韓国との「スポーツ外交」の一環として、両国の選手によるバスケットボールの親善試合が行われた。

 4月の南北首脳会談で合意された今回の親善試合。男女50人から成る韓国の選手団は3日に平壌に到着した。韓国代表団を率いているのは趙明均(チョ・ミョンギュン、Cho Myoung-Gyon)統一相で、歴史的な米朝首脳会談以降、韓国政府関係者の訪朝は今回が初めてとなる。

 試合は4日と5日にわたって4回行われる。4日の南北「混合」試合に向けては、韓国と北朝鮮の両選手から成る男女別のチームが結成された。

 代表取材によると、趙統一相と、北朝鮮の対韓窓口機関である祖国平和統一委員会の李善権(リ・ソングォン、Ri Son Gwon)委員長は、1万2000人を収容する柳京鄭周永体育館(Ryugyong Jong Ju Yong Gymnasium)で午後3時半に始まった女子の試合を観戦したという。

 バスケットボールは金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)朝鮮労働党委員長の好きなスポーツだが、現時点で金委員長の姿は確認されていないという。(c)AFP