【6月27日 時事通信社】ナイジェリア中部プラトー州で先週後半から激化した農民と遊牧民による武力衝突の死者は200人以上に達した。AFP通信が27日、伝えた。州知事が明らかにした。警察当局は当初、死者数を86人と発表していた。

 ラロン知事は26日夜、州都ジョスでブハリ大統領と面会後の記者会見で「200人以上が(衝突で)亡くなった。痛ましい」と報告。また「犯罪分子」が住民同士の緊張を激化させていると批判した。

 ナイジェリアでは土地や資源の所有権をめぐり住民同士が対立。イスラム教徒とキリスト教徒の間の抗争も絡み、多数の住民が犠牲になっている。(c)時事通信社