【6月25日 AFP】インドの12歳の少年が、世界史上2番目の若さでチェスの「グランドマスター」の称号を獲得した。

 プラグナマンダ・ラメーシバブ(Praggnanandhaa Rameshbabu)君は、イタリア北部で24日まで開催された大会でアグレッシブな対局を繰り広げ、12歳10か月と13日で偉業を成し遂げた。

 だが、2002年にちょうど12歳7か月でグランドマスターになったウクライナのセルゲイ・カヤキン(Sergey Karjakin)氏が持つ最年少記録を破ることはできなかった。

 プラグナマンダ君は同国南部チェンナイ(Chennai)出身で、銀行員の息子として生まれた。

 父親(53)によれば、プラグナマンダ君は1日6時間チェスを練習し、オンラインで過去の対局を観戦しているという。チェスに興味を持ち始めたのは、4歳に満たない頃。17歳の姉バイシャリ(Vaishali Rameshbabu)さんもこれまでに2度、若手のチェス大会で優勝している実力者だ。

 しかしながら、家族はこの2人にさらなる遠征やトレーニングをするための費用を賄うことができなかったという。

 父親は地元メディアに対し、「だが息子の中にあるチェスへの情熱は止まらなかった。私は諦めて、指導教室に入れさせた。以来、とどまるところを知らない」と話した。(c)AFP