【6月12日 AFP】(更新)米国のドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領は12日、歴史的な米朝首脳会談を終え、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)朝鮮労働党委員長と「特別な絆」を築いたと述べた。また今回、両首脳は再び会談を行うと誓ったという。

 両首脳は、トランプ氏が「かなり包括的」で「非常に重要」と評する合意文書に署名。文書は「新たな米朝関係」について言及し、米政府が「安全を保証」することを義務付けている。

 しかしながら、会談における最大の焦点である非核化について問われたトランプ氏は、「非常に迅速に」「(非核化の)プロセスを始める」と答えた。

 一方で金氏は、両国が「過去を捨てる」と誓い、「世界は大きな変化を目の当たりにするだろう」と述べた。

 著名式の後、トランプ氏は金氏の横に立ち、「われわれは何度でも会う」と述べ、金氏をホワイトハウスに招待する意向を示した。(c)AFP