【6月7日 AFP】世界ロードレース選手権(WGP 2018)に参戦するレプソル・ホンダ(Repsol Honda)は6日、3度の世界王者に輝いたホルヘ・ロレンソ(Jorge Lorenzo)が、来季からチームに加入すると発表した。

 現在レプソル・ホンダに所属しているダニエル・ペドロサ(Dani Pedrosa)は、5日にチームを離れると明かしており、ロレンソは来季、現王者のマルク・マルケス(Marc Marquez)とコンビを組むことになる。チームによると契約は2年で、メディアはロレンソの年俸を400万ユーロ(約5億2000万円)と報じている。

 ロレンソはヤマハ(Yamaha)在籍時に通算44勝を挙げ、2010年と12年、15年に総合優勝を果たしていたが、昨季から移籍したドゥカティ(Ducati Team)では勝利から遠ざかっており、3日に行われた第6戦イタリアGPで、加入後24レース目にして初優勝を飾っていた。

 ロレンソは今季6戦を終えて総合首位に立つマルケスから54ポイント差の10位。ペドロサはさらに12ポイント差の12位となっている。

 ドゥカティはこの発表の直後、アルマ・プラマック・レーシング(Alma Pramac Racing)のダニロ・ペトルッチ(Danilo Petrucci、イタリア)がロレンソに代わり加入すると発表している。(c)AFP