【6月3日 AFP】サッカーチュニジア代表のナビール・マールール(Nabil Maaloul)監督は2日、W杯ロシア大会(2018 World Cup)に臨む最終登録メンバー23人を発表し、ストライカーのアーメド・アカイチ(Ahmed Akaichi)、GKのモエズ・ベン・シェリフィア(Moez Ben Cherifia)ら6人が予備登録メンバーから落選した。

 サウジアラビアのアルイテハド(Al Ittihad)でプレーするアカイチは、自身のフェイスブック(Facebook)に「友人たちのロシアW杯での活躍を祈る。チュニジア万歳!」と書き込んだ。

 チュニジアは1日にトルコとの親善試合に臨み、アニス・バドリ(Anice Badri)とフェルジャニ・サッシ(Ferjani Sassi)がゴールを決めて2-2で引き分けた後、最終メンバーを発表。ワフビ・ハズリ(Wahbi Khazri)はトルコ戦で出番がなかったが、W杯メンバーには残った。

 グループGのチュニジアは、18日にイングランド、23日にベルギー、28日にパナマと対戦する。本大会前の準備試合は、2010年南アフリカ大会(2010 World Cup)覇者のスペインとの試合が9日に組まれている。

 アカイチとシェリフィアのほかには、ビレル・モースニ(Bilel Mohsni)とカリム・ラリビ(Karim Laaribi)、モハメド・ラルビ(Mohamed Larbi)の欧州組に加え、シェリフィアと同じエスペランス(Esperance)のハリル・シェマム(Khalil Chammam)が落選した。

 また、中心選手になるはずだったユセフ・ムサクニ(Youssef Msakni)も、所属するアルドゥハイルSC(Al Duhail SC)の試合で膝を負傷し、メンバーから外れている。

 W杯ロシア大会に臨むチュニジア代表のメンバーは以下の通り。

■ゴールキーパー(GK)
アイマン・マスルーティ(Aymen Mathlouthi
ファルク・ベン・ムスタファ(Farouk Ben Mustapha
ムエズ・アセン(Mouez Hassen

■ディフェンダー(DF)
ハムディ・ナゲス(Hamdi Nagguez
ディラン・ブロン(Dylan Bronn
ラミ・ビドゥーイ(Rami Bedoui
ヨアン・ベナルアン(Yohan Benalouane
シャム・ベン・ユセフ(Syam Ben Youssef
ヤシヌ・メリアー(Yassine Meriah
ウサマ・ハダディ(Oussema Haddadi
アリ・マールール(Ali Maaloul

■ミッドフィルダー(MF)
エリス・スキリ(Ellyes Skhiri
モハメド・アミン・ベン・アモル(Mohamed Amine Ben Amor
ガイレネ・シャーラーリ(Ghaylene Chalali
フェルジャニ・サッシ
アーメド・カリル(Ahmed Khalil
サイフ・エディン・ハウィ(Saif-Eddine Khaoui

■フォワード(FW)
ファハルディン・ベン・ユースフ(Fakhreddine Ben Youssef
アニス・バドリ
バッセム・スラルフィ(Bassem Srarfi
ワフビ・ハズリ
ナイム・スリティ(Naim Sliti
サビール・ハリーファ(Sabeur Khalifa

(c)AFP