【5月18日 AFP】世界保健機関(WHO)は18日、コンゴ民主共和国で流行しているエボラ出血熱による死者が25人に上り、症例数は疑いのある例も含めると45件に増えたと発表した。

 WHOのタリク・ヤシャレビチ(Tarik Jasarevic)報道官はスイスのジュネーブで記者会見し、検査結果からエボラウイルスへの感染が確認されているのは14人だと述べた。

 これに先立ちWHOは、同国内でのエボラ出血熱感染は拡大する危険性が高く、テドロス・アダノム・ゲブレイエスス(Tedros Adhanom Ghebreyesus)WHO事務局長は問題を協議するため緊急委員会を招集すると発表していた。(c)AFP