2018年5月17日



株式会社NTTドコモ



日本生命向けに営業職員用タブレット端末の専用回線を提供



 株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、日本生命保険相互会社(以下、日本生命)向けに全国約5万人の営業職員および約1万人のお客さま担当職員用タブレット端末の回線(LTE回線、アクセスプレミアムLTE®※1)を提供いたします。導入時期は2018年度中を予定しております。



 今回の営業職員用タブレット端末の専用回線は、富士通株式会社の最新タブレット端末(ARROWS Tab V727/S)、日本マイクロソフト株式会社の最新OS(Windows10)とともに採用されたものです。



 ドコモはLTE回線の高速かつ全国利用可能なネットワークの信頼性、品質と、アクセスプレミアムLTEの強固なセキュリティを高く評価いただき、日本生命が考える「お客さまの利便性・サービスの向上」「営業職員コンサルティング力強化」「働き方の変革推進」に向け、高品質かつ高速のネットワークで貢献いたします。



【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201805163962-O1-1yR7ZJUW 】



 日本生命には、「ドコモ5Gオープンパートナープログラム※2」への参加を表明いただいております。ドコモは、5Gの情報提供、常設の5G技術検証環境を提供することにより、新しい5Gの利用シーンを創出してまいります。



※1 「アクセスプレミアムLTE」は法人ユーザー向けの閉域ネットワークサービスです。

※2 報道発表資料 https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2018/01/09_00.html

*「アクセスプレミアムLTE」は、株式会社NTTドコモの登録商標です。