【5月10日AFPBB News 】24年前の今日、アフリカ民族会議(ANC)議長のネルソン・ホリシャシャ・マンデラ(Nelson Rolihlahla Mandela)氏が南アフリカ初の全人種参加選挙に圧勝し、第8代大統領に就任した。

 6つの原色に彩られた国旗と新国歌を制定し、全人種および民族が融和してともに母国の復興開発を目指す“虹の国”構築へ、大きな1歩を踏み出した。27年の投獄生活を経てなお非暴力・被差別を説き、人を憎むことよりも愛することを自ら実践したマンデラ氏は、人種・主義・宗教を問わず世界中の人々から愛された。2013年12月に執り行われた追悼式(享年95)には世界各国から91人の元首クラスの要人が出席。また世界各地で、彼の死を悼むセレモニーが行われた。(c)AFPBB News