【5月8日 AFPBB News】1886年、米ジョージア州アトランタで薬剤師のジョン・S・ペンバートン(John S. Pemberton)によって発明され、1杯5セントで販売された「コカ・コーラ」(Coca-Cola)。1899年、テネシー州チャタヌーガでボトリング工場が稼働、翌年には英国へ初輸出され、以後、コカ・コーラの世界進出は拡大の一途を辿る。

 現在、製造販売元である「ザ コカ・コーラ カンパニー」(The Coca Cola Company)は200超の国と地域で事業を展開、約500種類の清涼飲料水を販売。1日に約19億杯ものコカ・コーラが飲まれている。(c)AFPBB News