【5月2日 AFP】世界保健機関(WHO)は2日、世界人口の90%以上が高レベルの汚染物質を吸い込み、大気汚染が原因で毎年約700万人が死亡していると発表した。

 最新の調査によると、大気汚染対策は世界各国で進められているが、発展途上国などでは問題はより深刻だという。

 WHOのテドロス・アダノム・ゲブレイエスス(Tedros Adhanom Ghebreyesus)事務局長は声明で、「大気汚染はわれわれ全ての脅威だ」と述べた上で、影響を受けているのは最も貧しく社会的に取り残された人たちだと訴えた。

 大気汚染が原因で毎年700万人が死亡しているが、アジアやアフリカを中心とした低・中所得国が90%以上を占めている。

 WHOは今回の調査で、直径2.5~10ミクロンの粒子状物質(PM10)と直径2.5ミクロン未満の微小粒子状物質(PM2.5)に言及。硫酸塩や黒色炭素などを含むPM2.5は、人体の肺や血管にまで入り込めるため、最も大きな健康リスクをもたらすとされる。(c)AFP/Nina LARSON