【4月19日 時事通信社】ミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相は19日、ベトナムの首都ハノイの首相府でグエン・スアン・フック首相と会談した。ベトナム政府によると、両首脳は南シナ海の平和と安定が重要との認識で一致。国際法に基づく秩序の維持で協調することを確認した。

 両首脳は、政治的結び付きを強化し、貿易・投資関係の拡大を図る点でも合意。両国政府関係者は、スー・チー国家顧問とフック首相の立ち会いの下で、各分野の協力に関する文書に署名した。

 スー・チー氏は今回、ベトナムを初めて公式訪問した。(c)時事通信社