学習院大学文学会および文学部哲学科は、2018年4月21日(土)に学術シンポジウム「D・ベネター『生まれてこないほうが良かった』をめぐって」を開催する。賛否の分かれるD・ベネターのアンチナタリズム(反出生主義)について、生命哲学やメタ倫理学の専門家を招き、幅広い観点から討議する。また、当日は来場者からの質問も受け付ける。入場無料・予約不要。









学習院大学文学会・学習院大学文学部哲学科共催シンポジウム

D・ベネター『生まれてこないほうが良かった』をめぐって



日時:2018年4月21日(土)14:00 開会

場所:学習院大学目白キャンパス西5号館201教室

※キャンパスマップはこちらから→ http://www.gakushuin.ac.jp/mejiro.html

※入場無料・予約不要







【タイムスケジュール】

13:30     開場

14:00 ~ 14:05 開会のあいさつ

14:05 ~ 15:20 登壇者のプレゼン

15:20 ~ 16:20 登壇者間の質疑応答

16:20 ~ 16:50 休憩(質問用紙回収)

16:50 ~ 17:50 質疑応答



【登壇者】

森岡正博(早稲田大学 人間科学部 教授)

佐藤岳詩(熊本大学大学院 人文科学研究部 准教授)

吉沢文武(秋田大学 教育推進総合センター 講師)

戸谷洋志(大阪大学大学院 医学系研究科 特任研究員)

小島和男(学習院大学 文学部 准教授)司会者・責任者



▼本件に関する問い合わせ先

学習院大学文学部哲学科

TEL:03-5992-1094

メール:phil-off@gakushuin.ac.jp





【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/