【3月15日 AFP】インドネシアの米作農家ユスフ・スプリヤディさん(54)は「世界で最も汚染された川」に接して暮らしている。その事実を日々再確認させるのは、手足の疥癬(かいせん)だ。

 西ジャワ(West Java)州に暮らすスプリヤディさんの生活は、家庭ゴミや有害薬品、動物の糞などが一面に漂うチタルム(Citarum)川と切っても切れない関係にある──彼と5人の家族が暮らすのに必要な田んぼにこの川から水を引いているのだ。

 繊維工場から産業廃棄物が垂れ流され続ける中、雨季のコメの量はこれまでの3分の1にまで落ち込んでいる。だが他の選択肢はない。「雨季には洪水が起きる。両手が痒くなり、収獲に被害が出る」「汚染で籾(もみ)はスカスカだ。このまま続ければ損をするだけだろうが、やめても他に仕事はない」とスプリヤディさんはAFPの取材に答えた。

 数十年に及ぶ浄化政策が失敗した結果、チタルム川は衛生上の非常事態に直面するまでになった。これに業を煮やしたインドネシア政府はこのほど、2025年までにチタルム川の水を飲めるようにするという、どうあがいても不可能と思えるような計画を打ち出した。

 全長約300キロメートルの川の水を灌漑、洗濯、飲用の水源として頼っている3000万人の多くにとって、この汚染された水の利用は危険な算段だ。無秩序に広がる首都ジャカルタの住民の約80%もこの水を利用している。

 世界銀行(World Bank)は10年前、チタルム川を「世界で最も汚染された川」と宣言。それ以降、世界のメディアと環境保護論者らはこの川をそう呼ぶようになった。

 汚染そのものは、測定方法と年間の時期により異なる。だがチタルム川は、ほぼどの基準によっても危険となっている。これまでの調査では、チタルム川の水に含まれる有害化学物質は警戒レベルに達しており、そのひとつには、米国の安全な飲料水の基準の1000倍の鉛もある。

 チタルム川はインドのガンジス(Ganges)川、米国のミシシッピ(Mississippi)川、中国の黄河(Yellow)とともに最も汚染された川のリストに挙がる常連だ。