【3月9日 AFP】男女比の大きな差と高齢化が進む中国で、ある会社が独身男性や退職者のために新しいタイプの伴侶――「スマート」ラブドールを開発している。この人形は、話すことができるだけでなく、音楽を流したり食洗機のスイッチを入れたりすることもできるという。

 大連(Dalian)に拠点を置くEXDOLL社の倉庫には、官能的なシリコン製の人形が何列にも吊されており、それらに技術者らが命を吹き込もうとしている。

 白衣を着たプログラマーが、透ける白色のブラウスを着せられて椅子に座った格好の、小柄な金髪の人形に声をかける。「名前は?」

 するとロボット風の声で、「私の名前はシャオディー、でもベイビーと呼んでもいいですよ。機嫌が悪いときは答えないですけど」という返事が、唇は動かずスピーカーから聞こえた。

 EXDOLL社は、人工知能(AI)を使って人形たちを人間に近づけ、中国の独身者の孤独感を解消し、高齢者や障害者にも役立ててもらおうと考えている。

 人口約14億人の中国では、男性の数は女性を3360万人上回っている。この男女比の差は、現在は廃止されている一人っ子政策だ。この政策により、男児を望む多くの親は胎児が女児だと判明した際に中絶することが多く、女児100人あたり男児114人という世界的にも大きな男女比の差を生むことになった。

 EXDOLL社のマーケティングディレクター、ウー・シンリャン(Wu Xingliang)氏は、自社の製品が国の社会問題の解決に役立つと考えている。

 同社の顧客には独身男性、高齢者、さらには既婚男性がおり、同氏は、「女性が足りないということも、需要の一つ。しかし、人形たちはただセックスのためだけにあるのではない」と語り、「私たちはこの人形たちが、有意義な会話をしたり家事を手伝ったりできるように設計しています。将来的には、医療補助員や受付係としても働けるかもしれません」と話した。