【2月18日 AFP】平昌冬季五輪は17日、スピードスケート・ショートトラック男子1000メートル決勝が行われ、カナダのサミュエル・ジラール(Samuel Girard)が1分24秒650で金メダルに輝いた。

 米国のジョン・ヘンリー・クルーガー(John Henry Krueger)が1分24秒864で銀、5人中3人が絡んだクラッシュから挽回した韓国のソ・イラ(Seo Yira)が銅メダルで続いた。

 一方、1週間前の1500メートルで韓国第1号の金メダルを獲得し、期待がかかっていたイム・ヒョジュン(Lim Hyo-jun)は、最終的に失格になったハンガリーの選手と接触して転倒を余儀なくされ、4位に終わった。(c)AFP