【2月15日 時事通信社】南米ボリビアからの報道によると、西部オルロで13日夜、カーニバルの最中に爆弾が爆発し、4人が死亡、9人が負傷した。警察当局が14日発表した。起爆装置の一部などが見つかった。3キロ以上のダイナマイトが使われた形跡があるという。

 現場付近では10日にも爆発があり、8人が死亡していた。

 オルロのカーニバルはブラジル・リオデジャネイロのカーニバルなどと並ぶ「南米三大祭り」と称され、多くの観光客を集めている。(c)時事通信社