2018年2月14日



彦根市役所



「ひこにゃん」と「いいのすけ」のLINEスタンプができました



彦根市では、彦根市キャラクター「ひこにゃん」と史跡散策アプリ『彦根ほんもの歴史なぞとき』で登場した新キャラクター「いいのすけ」のLINEスタンプ(※)を制作し、下記のとおり販売を開始いたしますので、お知らせいたします。

【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201802130924-O1-9Og3v20V 】



1.スタンプの種類、デザイン等

別紙のとおり(ひこにゃん16種類、いいのすけ8種類の計24種類1セット)



2.販売開始日

平成30年2月14日(水)



3.販売価格

120円(LINEコイン50コイン)



4.購入方法

LINE STORE(https://line.me/S/sticker/1977123)およびLINEアプリ内のスタンプショップで購入することができます。



※LINEスタンプとは・・・

スマートフォンなどでメッセージなどをやりとりすることができる無料通信アプリ「LINE」上で、文字に代えて、イラストや写真等によりメッセージを伝えるために使用する独自の絵文字機能のようなもの



キャラクターのご紹介

・ひこにゃん

【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201802130924-O5-Kfpq7Nr4 】

井伊直孝公を豪雨から救ったと伝えられる招き猫と、赤備えの兜を合体させて生まれたキャラクター。

赤備えは戦国時代の軍団編成の一種で、あらゆる武具を朱塗りにした部隊編成のこと。井伊軍団のシンボルとも言える。

愛称の「ひこにゃん」は、全国よりお寄せいただいた1167点の中から決定。また、巷ではひそかに「モチ」という愛称も。



・いいのすけ

【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201802130924-O4-cIP527dp 】

彦根に古くから「伊賀者」として召し抱えられた忍者の末裔。

特技は、土遁(どとん)の術。かつて伊賀町があったあたりに住んでいるという噂。いいのすけが彦根城の天秤櫓(てんびんやぐら)下で土遁の術をしていたところ、偶然にもひこにゃんがそこに座ってしまったのが2人の出会い。