清泉女子大学は2月8日、企業や団体と協力して、学生自らがプロジェクトを立案し、課題を解決していくPBL(Project Based Learning)活動の報告会を開いた。









 PBL活動は学外での学びの一環として、3年前から実施している。大学の教職員が協力し、清泉PBLチームとして活動。今年度は文学部の1~4年生計40人が7つのプロジェクトに参加した。

具体的には、1)福島県いわき市での地域活性化支援、2)地元小学校での生徒への英語の本の読み聞かせ、3)品川区での外国人観光案内、4)東急電鉄との池上線沿線活性化企画立案、5)知名度の低い食材にスポットをあてた食品開発~Cup of Cup~、6)企業のアプリ開発提案、7)JR西日本と南九州3県(熊本県・宮崎県・鹿児島県)の観光振興プロジェクトの7つ。







 報告会には、プロジェクト参加の学生たちと関係企業・自治体関係者、さらに、4月に清泉女子大学に入学する高校生4人が参加した。文学部地球市民学科の辰巳頼子准教授とラーニングイニシアティブの北島大器社長がファシリテーターとなり、各グループの1年間の活動を報告した。



▼本件に関する問い合わせ先

学長室

TEL:03-3447-5551

FAX:03-5421-3274





【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/