~あざおねって何?~ 麻布大学の学生と山懐にある青根集落の人々との交流6年間の記録









いのちの博物館では企画展の第6弾として、相模原市緑区青根の自然や歴史・文化と、青根をフィールドとして活動する生命・環境科学部の村山史世先生をリーダーとする「あざおね社中」の活動を紹介する「あざおねって何?」を下記により開催いたします。 青根での活動を通して、あざおね社中は環境省のモニタリングサイト1000里地調査の調査サイトの一つとして生物多様性の調査を行い、2016年には国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J)の連携事業にも認定されました。

 今回の企画展では青根の生物多様性のみならず、それを形づくってきた青根の林業や炭焼き、養蚕や織物など昔からの生業や生活の諸道具を通して紹介します。



1 開催日時 平成30年2月13日(火)からの4月28日(土)までの10:00~16:00

(入館:15:30まで:見学自由)

        ※ただし、日曜日(3月25日は開館)、月曜日(4月2日は開館)と3月21日(水:祝日)は休館日



2 会場  麻布大学 いのちの博物館

(JR横浜線「矢部駅 徒歩5分)



3 内容  青根の自然・人々の生活、あざおね社中の活動紹介



▼本件に関する問い合わせ先

麻布大学いのちの博物館

TEL:042-850-2520





【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/