【2月12日 東方新報】中国国家郵政局が発表した「2017年宅配業者満足度ランキング」によると、利用者が宅配業者のサービスに対する満足度は75.7点(前年比0.1ポイント減)とわずかに下落したものの、全体的な顧客満足度は上昇し、80.8点(同0.3ポイント増)だった。

「2017年宅配業者満足度ランキング」は、宅配便の利用が多い19都市を含む、中国国内50都市で調査が行われた。

 顧客満足度で上位にランクインした宅配便の企業は、順豊速運(SF Express)が83.4点、郵政EMSが79.9点、中通快递(ZTO Express)が76.8点という結果になった。

 顧客満足度指数の評価項目のうち、集荷依頼サービスの満足度は84.6点(前年比1.4ポイント増)上昇した。アフターサービス満足度は75.4点で前年と変わらなかった。

 また、利用者の満足度が高かったのは、集荷サービスの品質、電話対応、配送サービスの品質などだ。満足度が低かったのは、クレーム対応だった。

 2017年の宅配便の価格について、利用者の81%が「価格を受け入れる」とし、このうち55.4%が「物価が上がるにつれ価格も上昇する」と考えている。(c)CNS/JCM/AFPBB News