【1月30日 AFP】ドナルド・トランプ(Donald Trump)米政権の国家安全保障チームが超高速の第5世代(5G)通信網を独自に構築することを検討していることが明らかとなり、通信業界や政府内から激しい批判が巻き起こっている。

 事情に詳しい当局者はAFPに、この検討案は国家安全保障担当の高官からの要請を受け、数週間前から協議していると明かした。

 この計画について最初に報じたインターネットメディア「アクシオス(Axios)」によると、インターネットのセキュリティーに関する中国の脅威に対抗するため、最新かつ最速の5Gの通信網を政府が管理することを検討しているという。

 アクシオスが確認した当局高官が作成したメモは、中国が5Gの技術をけん引しており、オンライン上の「悪意ある行為」を支配しているため、米国は早急に5Gを導入すべきだと主張している。

 しかしこの計画は、民間の通信網に長年頼ってきた米国の政策に反するもので、業界や規制当局者らは即座に非難した。

 これについてサラ・ハッカビー・サンダース(Sarah Huckabee Sanders)大統領報道官は、政権が「安全な通信網の確保」について協議していることは認めたものの、協議は「ごく初期の段階」で決定事項は何もないと説明した。

 業界トップらは、5G網の整備には民間部門がすでに着手していると主張している。5Gは、電化製品から自動運転車までインターネットに接続するさまざまな装置にとって重要になると見られている。

 業界団体USテレコム(USTeleco)のジョナサン・スパルタ-(Jonathan Spalter)会長は、政府が国営の通信網の構築に乗り出せば、5Gの導入に「急ブレーキをかける」ことになると指摘している。(c)AFP/Rob Lever