【1月22日 時事通信社】南米チリのメディアはこのほど、首都サンティアゴにあるベトナム貿易事務所の屋上で今月中旬に大量のサメのひれが干され、周辺の住民たちが悪臭に苦情を訴えていると報じた。チリのサメ漁規制に違反する疑いがあるとして、ベトナムのチャン・トゥアン・アイン商工相は22日、関係機関に事実関係の調査を命じた。

 サメのひれを乾燥させた高級食材フカヒレの加工過程とみられる。チリで違法とされるフカヒレ取引にベトナムの貿易事務所職員が関わっていた場合、外交問題に発展する恐れがある。

 チリのメディアは、貿易事務所の屋上に干されたひれの写真を付けて伝えている。アイン商工相はベトナムの報道陣に「その情報は22日に初めて知った」と語った。(c)時事通信社