oiidが音楽プラットフォームを発売しエスペランサ・スポルディングのニューアルバムを独占デジタルリリース



AsiaNet 71945(0140)



oiidが音楽プラットフォームを発売し、エスペランサ・スポルディングのニューアルバム「Exposure」を独占デジタルリリース



【ロサンゼルス2018年1月18日PR Newswire=共同通信JBN】

*このデビューは同社のライブレコーディングの提携の大成功に続くもの



音楽ファンが音楽そのものの中に足を踏み入れ、アーティストとファンの間のギャップを埋めることを可能にするという社の理念に沿って、ノルウェーに本社を置く最先端、最新鋭のテクノロジー企業であるoiidは、エスペランサ・スポルディング(Esperanza Spalding)のニューアルバム「Exposure」の独占デジタルリリースにより正式に世界展開すると発表した。



Oiidのテクノロジーは、世界中の音楽愛好家に曲を異なったやり方で聴くことを可能にするもので、ユーザーは各楽器を部分ごとに(つまり楽器ごとに)解剖することができ、好みのアーティストからユニークなリスニング体験を得ることができる。ファンは、ボーカルからドラムやギターなどのあらゆるレベルの曲と相互に関わり合い、独自にリミックスすることができ、比類のない没入感のある音楽体験が可能となる。またファンは、独占的な演奏ストーリー、ライナーノート、舞台裏の特集記事をアクティベートすることもできる。



これと並行してConcord Recordsとの前例のないパートナーシップが存在する。Concord Recordsは、oiidのu テクノロジーと連結して、同社のアーティストやカタログの曲をフィーチャーする。またほかのレーベルとのパートナーシップは、近く発表される予定である。



9月12日午前9時から77時間にわたり、ベーシストで作詞・作曲家のスポルディングは、世界中のオーディエンスの前でoiidのビデオプロダクションを利用して、Facebook上のライブで前例のないアルバムを制作した。「Exposure」(露出)と呼ばれるこのプロジェクトは、アルバムをレコーディングする過程にオーディエンスを参加させ、自発的な創造性から生まれる魔法を明るみに出した。世界中で300万人以上のファンがレコーディングの中継を見たほか、ロバート・グラスパーとレイラ・ハサウェイがゲストアーティストとしてこのプロジェクトに参加した。また、ドン・チードルやビラルなどのファンもこのソーシャルメディアの騒ぎに参加した。



アルバムの実物コピーはわずか7777点しか制作されなかったが、エスペランサは、oiidのデジタルプラットフォームを通じてオーディエンスを音楽により密接に近づけることができたことをうれしく思っている。スポルディングは「私たちは一連の素晴らしい音楽を制作した。そして今、かつてないやり方でその制作プロセスを共有することができるようになった。oiidが同社のアプリでやろうとしていることと、私がこのプロジェクトでやりたかったこと、つまりアーティストの作品とリスナー(聴衆)の間の隔たりを解消することを、oiidが橋渡ししてくれたことをうれしく思う」と語った。



www.oiid.com



oiid のYOUTUBEを見るにはhttps://youtu.be/xa2U2CD2kI8 にアクセスを。



「Exposure」のハイライトはhttps://www.youtube.com/watch?v=xcAakQjmb4s を参照。



▽問い合わせ先

Alisse Kingsley

+1-323-467-8508

AlissetheMuse@aol.com



ソース:oiid