【1月20日 時事通信社】北朝鮮は19日、平昌冬季五輪に合わせた芸術団の訪韓に向け、事前調査団を20日に派遣すると韓国に通知した。韓国は受け入れを表明、140人規模の芸術団による公演のための準備が本格化するとみられたが、北朝鮮は夜になって突然、取りやめると韓国に通告した。韓国統一省は「派遣中止の理由は明らかにしていない」と説明、20日も板門店の連絡チャンネルを通じ、今後の対応を北朝鮮側と協議する。

 北朝鮮の最初の通知文によると、調査団は7人で構成され、団長は「三池淵管弦楽団」団長のヒョン・ソンウォル氏が務める。日程は1泊2日を提示していた。(c)時事通信社