【1月13日 AFP】ロシア国防省は12日、在シリアのフメイミム(Hmeimim)空軍基地に迫撃砲攻撃を行ったとする攻撃元と、武装ドローンの組み立てを行っているとされるイドリブ(Idlib)県の工場への空爆と主張する映像を公開した。AFPは、映像の内容特定に至っていない。(c)AFP