【12月4日 AFP】香港のキャセイ航空(Cathay Pacific Airways)は4日、北朝鮮が先週発射した大陸間弾道ミサイル(ICBM)を、香港と米国を結ぶ航空便に搭乗していた同社の乗務員が目撃したとみられると発表した。また、乗組員はミサイルが「爆発してバラバラになった」ところも目にしていたという。

 北朝鮮は11月29日、米本土に到達可能とみられるICBMを発射しているが、同航空の声明によると、乗務員は同日に「DPRK(北朝鮮)が最近試射したミサイルの大気圏再突入とみられるもの」を目視したという。

 同航空は目撃時刻における飛行機の位置について明らかにしていないが、目撃したのは香港とサンフランシスコを結ぶCX893便の乗務員で、所定の手順に従って日本の航空管制当局に報告し、その後も通常通りの対応を取ったとしている。

 ただ、航空機から「かなり離れたところでの出来事」だったといい、同航空は現在の飛行ルートを変更する予定はないとした上で、「今後も警戒を続け、事態の推移を見守る」と表明した。

 また、現地英字紙サウス・チャイナ・モーニング・ポスト(South China Morning Post)の報道によると、キャセイ航空の幹部は社員などに宛てたメッセージで、乗組員はミサイルが「爆発してバラバラになった」ところも目撃したと説明しているという。(c)AFP