43か国から200の革新的プロトタイプを集めた2017グローバル・グラッド・ショーがドバイで開催



AsiaNet 71041



ドバイ(アラブ首長国連邦)、2017年11月14日/PRニュースワイヤー/ --



2017グローバル・グラッド・ショー(2017 Global Grad Show)の展示会が、43か国から200の革新的プロトタイプを集めてドバイで開幕しました。世界をリードするデザイン・技術系大学の卒業生による、生活を変えるような発明で高評価を得ている年1回の展示会は、今年で3回目を迎えました。有名な著者でデザイナーのブレンダン・マクゲトリックが監督するグローバル・グラッド・ショーでは、世界中からの470を超える応募から選ばれた200の革新的プロジェクトが紹介されます。選ばれた作品は、ドバイ・デザイン・ウィーク(Dubai Design Week)期間中の2017年11月18日までグローバル・グラッド・ショーで展示されます。



マルチメディア・ニュースリリースをご覧になるには、こちらをクリックしてください:https://www.multivu.com/players/uk/8222651-global-grad-show-exhibition-dubai/



非営利活動のグローバル・グラッド・ショーは、92の大学の卒業生をドバイに招き、社会的な力の強化、つながり、持続可能性をテーマに進歩的なプロトタイプを発表させます。卒業生たちの出身大学は、デザイン・アカデミー・アイントホーフェン(Design Academy Eindhoven:オランダ)、マサチューセッツ工科大学(米国)、ロイヤル・カレッジ・オブ・アート(英国)、シンガポール国立大学など多岐にわたっています。さらに、セルビア、ウガンダ、ペルー、マレーシア、ニュージーランドなど世界規模ではなかなか見られないデザイナーによるプロジェクトなど、新興市場の作品も展示されます。



マクゲトリックは、技術を超越し、富には関係なく存在する革新;大学、地域、デザイナーによる階級のない平等;あらゆるタイプのプロジェクトが利用できるユニバーサルデザイン;世界の緊急課題に対する解決策が及ぼす世界全体への影響の4つのカテゴリーに重点を置き、自身の個人的なデザイン解釈に基づいて、プロジェクトを監督しました。



マクゲトリックは、次のように説明しています。「我々は、素晴らしいアイディアの祝賀となるようにグローバル・グラッド・ショーを企画します。社会的・環境的大儀にとって直接の利益になるようデザインされたプロジェクトを取り上げています。世界中のデザインプログラムの代表例を紹介することで、聡明な若い頭脳がどのように未来をデザインしているかを示すよう努めています。地域も予算も文化的背景もツールも違うデザイナーが現代の問題と機会の解決策を開発する方法に対する独自の視点を、この多彩なプログラムが提供します」



グローバル・グラッド・ショーはドバイ・デザイン・ディストリクト(d3:Dubai Design District)で開催され、今年は展示プロジェクト1点に授与される第1回プログレス賞(Progress Prize)を発表します。優勝プロトタイプは、ジャーナリズム、デザイン、製造、革新、投資の各分野から集まった国際審査員団が選び、アイディアのオリジナリティー、社会的影響、国際的関連性、実行可能性を示すものとなります。



     (写真:

http://mma.prnewswire.com/media/602583/2017_Global_Grad_Show.jpg )





情報源:グローバル・グラッド・ショー





(日本語リリース:クライアント提供)