【10月22日 AFP】ラグビーテストマッチは21日、オーストラリア・ブリスベン(Brisbane)で行われ、オーストラリアは終盤のニュージーランドの追い上げを抑え込み、23-18で勝利を挙げた。

 両国で争われるブレディスローカップ(Bledisloe Cup)の胸高鳴る一戦を制したオーストラリアは、世界王者オールブラックス(All Blacks、ニュージーランド代表の愛称)の無敵のオーラに新たなを開けた。

 ワラビーズ(Wallabies、オーストラリア代表の愛称)は試合終了直前、リース・ホッジ(Reece Hodge)が53メートルのペナルティーを蹴り込み、隣国のライバルからここ19試合で2度目の勝利を挙げた。

 ハーフタイムを1点追いかける展開で迎えたオーストラリアは、肉体のぶつかり合う戦いで逆転勝利を収めた。トライ数はオーストラリアが3、ニュージーランドが2だった。

 南半球4か国対抗戦のザ・ラグビーチャンピオンシップ(The Rugby Championship 2017)で連勝し、すでに今年のブレディスローカップ獲得を決めていたニュージーランドは序盤に試合を支配し、3連勝を飾るかに思われた。

 しかし、原住民の選手をたたえる特別なデザインのユニホームを着用したオーストラリアは、マリカ・コロイベテ(Marika Koroibete)が逆転トライを決めると、ホッジの2本のペナルティーで突き放し、ニュージーランドの代名詞とも言える逆襲を耐えきった。(c)AFP