【10月21日 AFP】欧州警察機構(ユーロポール、Europol)は20日、欧州で子どもや移民が被害者となっている人身取引・密航業者のネットワークに対して今月2件の一斉摘発を行い、90人を逮捕したと発表した。

 摘発のうち一つは今月9~13日の間に19か国で行われたもので、未成年者34人と成人1072人が「弱い立場、あるいは搾取される可能性のある状況」に置かれており、容疑者16人が逮捕された。ある例では、父親を装った男が偽のパスポートを持った男児と空港に到着したところを警官が取り押さえた。

 二つ目の摘発は密航を対象としたもので、当局は74人を逮捕。うち4人は密航業者とつながっていた。

 国際刑事警察機構(インターポール、InterpolICPO)、欧州対外国境管理協力機関(フロンテックス、Frontex)と連携して一斉摘発したユーロポールによると、捜査期間中、24万人以上に事情聴取を行ったという。

 ユーロポールは、摘発は「性的搾取や強制的物乞い、犯罪行為の強要などのホットスポット」となっている移民受け入れセンターや国境周辺を中心に行ったことを明らかにしている。(c)AFP