テンプル大学ジャパンキャンパス (東京都港区/学長ブルース・ストロナク/TUJ)は、本年も「2017年度港区民大学」を開催します。本学では、2007年から港区との連携事業の一貫として毎年回を重ねています。区内の各大学で開催されるシリーズの中でも、唯一英語で行われる公開講座で、これまでにのべ約2,000人が受講しています。



今年の講座では、TUJが開校35周年を迎えることにちなんで、学長を含む5人の教授が、それぞれの専門分野におけるこの35年の意味について語ります。各々の視点で過去を振り返り、現在から未来を展望します。(※講義は英語で行われます。通訳はありません。)













【開催概要】





<講義ラインナップ>



講義1: 10月25日(水)

From Internationalization to Globalization: Japanese Universities and the World Outside Japan Over the Past 35 Years 

「国際化からグローバル化へ:日本の大学と世界に見る35年」

ブルース・ストロナク(TUJ学長)



講義2:10月27日(金)

1982-2017-2052: The Past, the Present and the Future of Sexuality Attitudes and Behaviors in Japan

「日本におけるセクシャリティの過去、現在、未来」

ダリユシュ・スコブロインスキー(TUJ社会科学、行動科学准教授)



講義3:10月31日(火)

A 35 Year History of Music Videos 

「ミュージック・ビデオ、35年の変遷」

カール・ノイベルト(TUJフィルム、メディア・アート学准教授)



講義4:11月6日(月)

Modularly Yours 

「モジュラーシステムがデザインに果たしてきた役割」

イアン・ライナム(TUJグラフィックデザイン准教授)



講義5:11月8日(水)

The Middle East, 35 Years On 

「中東政治の35年を振り返る」

柿﨑正樹(TUJ政治学准教授)





<公開講座> 2017港区民大学 「TUJの35年:冒険、そしてチャレンジ」



日程:

2017年10月25日、27日、31日、11月6日、8日



時間:

19:00-20:30 (開場18:30)



会場:

テンプル大学ジャパンキャンパス 麻布校舎(1階) (アクセス)http://www.tuj.ac.jp/jp/maps/tokyo.html



参加費:

一般2500円(税込/5講座分) ※要事前振込み。お申込み受付後、銀行口座等をご連絡いたします。



定員:  50名(申込み先着順)



言語:  英語、通訳なし



申込/詳細: イベントページ(英語)をご覧ください。http://www.tuj.ac.jp/events/2017/1025.html

※メディア取材のお申し込みは各開講日前日までにご連絡ください。



<本学サイト内ニュースリンク>

https://www.tuj.ac.jp/jp/news/2017/10/12/2017-minato-citizens-university-commemorating-35th-anniversary/





テンプル大学ジャパンキャンパス(TUJ) http://www.tuj.ac.jp/

米国ペンシルベニア州フィラデルフィアにあるテンプル大学の日本校で、1982年に東京で開校しました。外国大学の分校として日本で最も長い歴史と最大の規模を誇り、2005年には文部科学省から外国大学の日本校として初めて指定を受けました。米国式カリキュラムに基づき、大学学部課程、大学院課程(教育学修士・博士課程、ロースクール、エグゼクティブMBAプログラム)、アカデミック・イングリッシュ・プログラム、生涯教育プログラム、企業内教育プログラムの7つの課程で、世界約60か国から約4,800名が学んでいます。









▼本件に関する問い合わせ先

広報・マーケティングサポート部

住所:東京都港区南麻布2-8-12

TEL:03-5441-9801

FAX:03-3452-3075

メール:tujpr@tuj.temple.edu





【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/