【10月13日 時事通信社】中国税関総署が13日発表した貿易統計によると、9月の北朝鮮からの輸入(金額ベース)は前年同月比37.9%の大幅減となった。減少は7カ月連続。対北朝鮮制裁の国連安保理決議に従い、石炭や鉄鉱石などの輸入を停止した影響。

 中国は、北朝鮮の最大の輸出品だった石炭については2月中旬から、鉄鉱石や海産物などは8月から輸入を停止した。税関総署は9月の統計に関して「海産物の輸入記録はない」としている。

 今年第3四半期(7~9月)の北朝鮮からの輸入額は前年同期比16.7%減の14億8000万ドル(約1660億円)だった。一方、輸出額は同20.9%増の25億5000万ドル(約2860億円)。(c)時事通信社