【9月14日 時事通信社】米政府は13日、連邦政府機関の情報ネットワークから、ロシアのセキュリティー大手カスペルスキーの製品を排除すると発表した。ロシア政府が同社製品を使い、米政府のネットワークに侵入する可能性があると判断した。

 米国土安全保障省は声明を出し「特定のカスペルスキー社員とロシア情報機関のつながりなどを懸念している」と強調。米政府の情報やネットワークがロシアの干渉を受ければ「国家安全保障に累が及ぶ」と指摘した。同省の指示を受け、各省庁は排除計画をまとめ、90日後に実行に移す。

 同社創業者のユージン・カスペルスキー氏は旧ソ連国家保安委員会(KGB)の暗号研究機関出身。米メディアによると、ロシア軍情報部門での勤務歴もある。同社は米メディアに「ロシアを含め、どの国とも道義に反するつながりは持っていない」と訴え、米政府の決定を批判した。(c)時事通信社