トップ > ニュース > 災害・事故・事件 > 事件

駆け落ちした男女を家族が感電死させる パキスタン

2017年9月13日 20:47 発信地:カラチ/パキスタン

このニュースをシェア

駆け落ちした男女を家族が感電死させる パキスタン
パキスタンのカラチで、警備にあたる警察官ら(2016年10月12日撮影、資料写真)。(c)AFP/RIZWAN TABASSUM

【9月13日 AFP】パキスタン南部のカラチ(Karachi)で、駆け落ちした10代の男女が罰として家族に感電死させられる事件が発生し、現地の警察当局は12日、いわゆる「名誉殺人」の実行を命じた部族の長老の行方を追っていると明らかにした。

 殺害された男女はパシュトゥン(Pashtun)民族で、先月、駆け落ちしたが、警察によると、少年側の家族が家に戻れば結婚できると2人を説得したという。

 その後、家族が強い影響力を持つ長老会議に事情を報告。長老会議は2人の処刑を命じたという。男女は家族に木製のベッドにくくり付けられて感電死させられた。警察によると少女は15~16歳、少年は18歳ぐらいだったという。

 警察官の1人がAFPに語ったところによると、長老会議は処刑を2人のそれぞれの実の父親とおじに実行させるよう決め、2人の遺体は家族によって秘密裏に埋葬されたという。

 北部の部族地域をはじめとするパキスタンの地方部では、長老会議が地域の問題を解決する役割を担っている。カラチは大きな港湾都市だが、長老会議が重んじられている部族地域の出身者が多く暮らしているという。

 この事件で警察は、複数の親族を殺人と証拠改ざんの容疑で逮捕しているが、2人の処刑を命じた長老会議の指導者はいまだ逃走中だという。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>