トップ > ニュース > 政治

ロヒンギャ問題のミャンマー、スー・チー氏、国連総会を欠席へ

2017年9月13日 14:03 発信地:ヤンゴン/ミャンマー

このニュースをシェア

ロヒンギャ問題のミャンマー、スー・チー氏、国連総会を欠席へ
ミャンマー・ネピドーで記者会見に臨むアウン・サン・スー・チー国家顧問(2016年8月30日撮影、資料写真)。(c)AFP/ROMEO GACAD

【9月13日 AFP】ミャンマーの事実上の指導者であるアウン・サン・スー・チー(Aung San Suu Kyi)国家顧問が、今月予定されている国連総会(UN General Assembly)への出席の予定をキャンセルした。スー・チー氏の報道官が13日、明らかにした。

 ミャンマー政府のザウ・ハティ(Zaw Htay)報道官は「国家顧問は国連総会の会議には出席しない」と述べたが、理由などについては触れなかった。

 ノーベル平和賞(Nobel Peace Prize)を受賞した同氏には、イスラム系少数民族ロヒンギャ(Rohingya)の問題への対応をめぐり国際社会から厳しい視線が向けられている。(c)AFP

メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

ニュース 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>