トップ > スポーツ > テニス > ATP

GS16勝目のナダル、フェデラーの最多記録更新には無関心

2017年9月11日 13:36 発信地:ニューヨーク/米国

このニュースをシェア

GS16勝目のナダル、フェデラーの最多記録更新には無関心
全米オープンテニスの男子シングルスを制し、会場のUSTA・ビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターでトロフィーを手にポーズをとるラファエル・ナダル(2017年9月10日撮影)。(c)AFP/Getty Images/Clive Brunskill

【9月11日 AFP】全米オープンテニス(US Open Tennis Championships 2017)の男子シングルスを制し、四大大会(グランドスラム)通算16勝目を挙げたラファエル・ナダル(Rafael Nadal、スペイン)が試合後、ロジャー・フェデラー(Roger Federer、スイス)が持つ最多記録の更新については、「ほとんど考えたことがない」と語った。

 全仏オープンテニス(French Open 2017)覇者で大会第1シードのナダルは10日、第28シードのケビン・アンダーソン(Kevin Anderson、南アフリカ)に6-3、6-3、6-4で勝利。ブレークポイントを一つも与えない完勝劇だった。

 これでナダルは今季、自身が決勝で敗れた全豪オープンテニス(Australian Open Tennis Tournament 2017)とウィンブルドン選手権(The Championships Wimbledon 2017)で頂点に立ったロジャー・フェデラー(Roger Federer、スイス)とともに、グランドスラムのタイトルを2つずつ分け合う形となった。

 再び偉業を成し遂げたナダルだが、フェデラーが持つグランドスラム通算19勝の最多記録更新に関しては、「それについてはほとんど考えたことがない。彼は彼のやり方、僕は僕のやり方でやる。僕たちが辞めたときに考えよう」と自身の中で優先順位は高くないと話した。

「ロジャーも僕もそれぞれ素晴らしいシーズンを送っている。2人とも称賛に値するよ」

「テニスはグランドスラムがすべてではない。まだ大会は残っているし、シーズン終盤へ向けてわくわくしている」

 また、今季はともにツアー5勝を記録し、来週発表の世界ランキングでは、2011年以来6年ぶりにそろってトップ2に君臨することになるライバルについてナダルは、「ロジャーと僕が共有するものは存在すると思う――それは自分たちのやることやテニス、競技に対する情熱。そして常に向上しようとする精神じゃないかな」と語った。 (c)AFP/Dave JAMES

ATP
メディア・報道関係・法人の方向け 写真・動画 購入のお問合せ>

こんな記事も読まれています

あわせて読みたい

話題の記事

スポーツ 新着一覧へ>

トップストーリー

ピックアップ

人気記事>